おすすめのタブレットPCを比較する

短期間で価格も人気の順位も入れ替わるタブレット。入力機能を重視するか、動画受信プレーヤーとしれ使うかで、価格帯やサイズが決定的に違ってくる。10インチと7インチで、売上上位のアイテムをピックアップ。
 

カテゴリー:10イン チタブレットPC

2013年11月13日

激安中華タブレット、ZenithinkのC93、C93A、C94を買うならメデューが安い!

2013y11m13d_064701455.jpg

楽天のタブレット売上ランキングで、7インチを抑えてしょっちゅう1位につけているZenithinkの中華パッド、C93、C93A、C94の10インチシリーズ、以前にとりあげたときより画像が洗練されているので、別製品かと思ったら、販売店がAVICではなくMEDUE(メデュー)であった。

売上ランキングに言及していないが、AVICが14,950円(税込・送料込)で売っているC93は、メデューでは14,250円(税込・送料込)だ。しかもBluetoothと衛星GPS搭載のC93Aは、AVICが16,950円、メデューが15,750円。(いずれもレビューを書けばキーボード付きカバーが無料でもらえる。)

レビューを読んでいると、前回AVICのときの印象と同じく高評価が多いが、メデューで特に性能・機能を高く評価しているのは、PCやタブレットに詳しいユーザ。これはメデューでは発送前に、チェックシートに基づいて一品ずつ検品をしているからかもしれない。AndroidのRoot権限も「Medueオリジナルサービス」で取得済みだ。

上級者はコスパを非常に重視するので、少々の問題点を記述していても価格との比較で星5つが多い。ハードの面でも、付属のタッチペンとイヤホンなしのときのスピーカー以外は、驚くほど問題なく使えている様で、マイナス評価しているのはPCやタブレット初心者か、初期不良で迅速に店舗に連絡しなかった購入者が多いという印象も受ける。(一方で、アンドロイドは初心者にわかりやすいからパソコン初心者の親や子どもでもすぐ慣れて、プレゼントには最適だったという感想も。)

また、重いので携帯性はイマイチという意見が多いが、他の10インチではなく7インチタブレットと比較している場合が多く、カバンを持ち歩く人には問題ないという指摘もある。

さらに料金を追加してC94のクアッドコア+Android4.2を16,250円(税込・送料込)で選ぶ人もいるが、キーボード・カバーがついてここまで安いタブレットがまずないので納得だ。

また、LAN接続もUSBホスト転換もできるし、HDMIで繋げばテレビに映像を映し出すこともできる。

なお、C93AではGPS WiFiだけでなく、衛星GPSが装備されているのでメールはどこでもチェックできる。(これはある購入者レビューに書かれていたことなのだが、どのソフトを使用しているか不明。一般のメールはWiFiエリアでないと受信できない。)

記憶容量は8GBだが、microSDカードで32GBまで増やすことが可能。また、普通のQWERTYキーボードに慣れているとうれしいのが、横にしたときの画面にはローマ字打ち用のキーボードしか出ないということ。下手に日本製を買ってカナのテンキーしか出ないのより有難い。

というわけで、金に糸目はつけない、とか、キーボード要らないから7インチの軽いのがいい、という人以外はこのZenithinkシリーズのコストパフォーマンスをぜひ検討してはどうだろう。楽天優勝セール中で、在庫があるうちに(人気のホワイトは在庫切れ続出)。

メデューでのご注文はこちらから⇒C93 C93A 【楽天市場最安値に挑戦中 送料無料】 Mini USBキーボードカバープレゼント 【アンドロイド タブレット】 10インチ 【アンドロイド 4.1 android4.2 タブレットPC】 【Android タブレット 10インチ】 【RCP】 【楽天イーグルス優勝記念】
posted by tabletpc at 08:14| 10イン チタブレットPC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年09月10日

画面がきれいな「中華タブレット」KEITANアンドロイド7インチ M702S

KEITANアンドロイド7インチ M702S

アマゾンでタブレットをチェックすると、Kindle Fire HDよりも上位に表示される、恐るべし低価格タブレット、KEITANアンドロイド7インチ ブラック M702S6,916円通常配送無料。

楽天で売れている激安タブレットでは、子どもの動画視聴用など簡易使用が受けていたが、こちらはどうも逆。

動画視聴レベルで至れり尽くせりの標準タブレットを期待していると使い物にならないらしく星1つか2つ。逆に星5つや4つ付けているのが、この価格帯で特に期待せず充電やメモリ増設なども自分でできるユーザ。面白いのが「中華タブレットのくせに」と書いて高い評価を与えていたりすること。

こういう購入者は、初心者お手上げの激安中華を入手して、手をかけて自分用に作り上げるのが面白いのかもしれない。

ご注文も、レビューを楽しむのもこちらから⇒KEIAN アンドロイドタブレット 7インチ ブラック M702S
posted by tabletpc at 05:14| 10イン チタブレットPC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
普通の携帯との違い
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。